40代から始めるオールインワンジェル人気ランキング!

 

40代の女性

 

「もう40代だし、お肌のケアはむずしいかな・・・」

 

いえいえ、あなたが女性として輝くのは、これからです!

 

そんなあなたのために、以下の5つのよくあるお悩みを踏まえて、

 

おすすめのオールインワンジェルをランキング形式でご紹介します。

 

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

 

メディプラスゲル

 

 

メディプラスゲルほうれい線

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

デメリットは?

 

オイリー肌の人は、少しベタつく&コッテリに感じるかもしれません。

 

 

保湿力が売りのオールインワンジェルのため、普通〜乾燥肌向けといえます。

 

【公式】→https://mediplus-orders.jp

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム

 

エミーノボーテ

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリームは目元や口元の”ハリ”や小じわやクスミが気になる方にピッタリ!

 

デメリットは?

 

返金保証がない点。

 

また、ポンプ式でない点(※好みの問題ですが・・・)
です。

 

【公式】
→http://www.sukoyaka-egao.jp

 

フィトリフト

 

 

フィトリフト

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

妊娠中の時、 シミ増えた!というママさんには最適です。

 

デメリットは?

 

育児で多忙・・・・マッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

ピュアメイジング

 

シミ訴求LP

 

 

  • 返金保証:30日間全額保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ピュアメイジングはニキビ&シミが気になるあなたに最適なオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”1つで12役(※業界最多)”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

特にありませんが、ややべたつく!と感じる人もいるようです。
※私はそうは思いませんが・・・(汗)

 

 

【ピュアメイジング 公式サイト】
→http://puremazing.jp/

 

 

 

 

女性の美容〜顔のお悩み〜

 

美容について語る女性

 

顔にできるシミの原因

 

鏡で顔を確認すると、褐色や紫色、黒色などの暗い色に近いシミが発生することがあります。

 

発生する原因として、世間一般で最も有名なのが、紫外線による影響です。

 

日の光の中には紫外線が含まれており、長時間浴び続けることで皮膚のメラニン色素を増やします。

 

通常、メラニン色素は皮膚を守る役割を持っていますが、外部からの紫外線ダメージが大きすぎるとメラニン色素が過剰分泌され、
皮膚の内部にとどまってしまいます。普通であれば紫外線ダメージがなくなれば皮膚のターンオーバーによって排出されるメラニン色素ではあるものの、
ターンオーバーが乱れるといつまでも残り続け、シミとなって症状が残ってしまいます。

 

摩擦もメラニン色素を増やす原因です。刺激の強いタオルや繊維、手のひらなどで擦ったり、爪で顔をかじると皮膚がダメージを受けます。

 

この刺激によってメラニン色素が過剰分泌されます。ニキビや湿疹もシミの原因です。

 

 

ニキビや湿疹が治っても炎症による色素がその場に残り続けるのが問題です。赤色や黒ずんだ紫色の色素となって残るパターンがよくあります。

 

血行不良による色素沈着として、目の下のクマが有名です。

 

黒ずんだ色が目立つのが特徴です。他にも女性ホルモンのバランスが乱れると顔のシミの原因になります。

 

 

顔のたるみの原因を解説

 

顔のたるみの大きな原因となるのは老化です。年齢を重ねれば重ねるほど筋肉は老化して肌を支える力を失っていきます。

 

特に顔の表情をあまり使わずに日々を過ごしている人は要注意です。

 

表情筋と呼ばれる顔の筋肉がどんどん衰えていき、ほうれい線のようなたるみが起こる原因となってしまうのです。

 

そのためたるみを改善するためには原因となる衰えた表情筋を鍛えるのがおすすめです。

 

表情筋を鍛えるのは簡単です。鏡を見ながら大きな口や目を開けたり、横や斜めの方向に向かってぐっと伸ばすと良いでしょう。

 

普段筋肉を使っていない人ほど筋トレ中に痛みを感じるでしょう。

 

書籍や動画などで様々なエクササイズが紹介されているため、
それらを利用しながら顔のエクササイズをしていくのがおすすめです。

 

早ければ数日でたるみの改善効果を感じることが出来ますが、続けていくことで良い状態をキープすることが出来るため、
毎日少しの時間でも継続してエクササイズをすることが重要です。

 

特に20代後半以降は筋肉が衰えやすくなるため、意識してたるみの原因を改善していきましょう。
顔のたるみを改善することで若々しい見た目を取り戻すことが可能です。メイクやファッションだけでは取り戻せない若さをエクササイズで取り戻しましょう。

 

 

オイリー肌になる原因は?

 

女性の肌の悩みの多くであげられる代表的なものが、オイリー肌といわれています。

 

オイリー肌は、肌が必要以上にテカテカとしてしまい脂ぎった肌になるのが特徴的です。

 

今回はそのオイリー肌になってしまう原因について生活習慣や食事の点からお伝え致します。

 

この肌質になってしまう女性の多くの人は、生活習慣てきに脂の多い食事を好んでいたり、甘いお菓子、炭酸飲料、肉系の食事が多いことがあげられています。体の中で分解できなかった余分な脂質が、肌質にも表れてくるので、オイリー肌になってしまうことが多いのです。

 

また、普段から化粧水などのスキンケアでも注意が必要だといわれています。

 

それは、オイリー肌だからといってあまりスキンケアを真剣にしていなかったり、さらにクリーム系を塗ると肌がてかてかしてしまうから省く人が多いのですが、これは間違っています。

 

乾燥しているから、スキンケアをしっかりするのではなく、普段から水分を含んだしっかりとした肌質をつくっておくことが、オイリー肌にちかずかないコツともいわれているのです。

 

乾燥をおさえるために、体の中からの脂を借りるのではなく、しっかりと化粧水や乳液などで保護してあげることが大切といえるでしょう。

 

 

 

乾燥肌になる原因を解説!

 

一般的に乾燥肌を引き起こす3つの原因があると考えられています。それぞれ、皮脂の量の減少、保湿成分の減少、脂質の減少です。
皮脂膜の分泌が減ると、何らかの刺激が外部からあったときに、直接角質層に刺激が伝わりやすくなります。皮脂は1日に一定量の皮脂腺から分泌されますが、環境や体質の変化によっても大きく変わります。例えば、皮脂分泌を促している男性ホルモンが少ない人では皮脂量が減ります。分泌のピークは男性と女性で異なり、基本的に女性の方が早くピークを迎えます。また冷え性で代謝が下がると皮脂の分泌量も減りますので、代謝機能が低下しているという自覚がある人は改善することが大切です。
また保湿成分は、アミノ酸、乳酸などからなっており、水分の性質を有しています。この保湿成分により細胞中の水分含量が一定に保たれ、乾燥肌を防ぐという役割を果たします。保湿成分は、表皮細胞によって作成されますので表皮細胞が衰えると乾燥肌が加速します。ですから、日中でも日焼けの防止はとても重要で、特に紫外線対策はしておくべきです。これに加えて老化、睡眠不足、ストレスなどで自律神経が乱れると代謝機能が落ちるので、その点の対策もしておけば万全でしょう。

 

 

敏感肌になる原因とは?

 

敏感肌になる原因は、間違ったスキンケア、ホルモンバランスの変化、食生活や睡眠不足など生活習慣、ストレスなどさまざまです。

 

毎日クレンジングと洗顔のダブル洗顔をしている、オイルタイプで洗浄力が高いクレンジングを使用しているという方は、肌に必要な保湿成分まで洗い流している可能性があります。

 

保湿成分が減少すると敏感肌が起こりやすくなるので、クレンジングを行うときは、最近は、潤い成分がたっぷり配合されたクレンジングを使用し、ごしごし擦るのではなく泡で優しく洗うことを心掛けましょう。

 

月経の前後や妊娠中はホルモンバランスが変化しやすい時期なので、肌が敏感になることがあります。

 

これは、一時的な変化ですが、気になる方は、敏感肌用の刺激が少ない化粧品を選んで使用するとよいでしょう。

 

また、更年期もホルモンバランスに変化が起こる時期なので、刺激が少なく、肌に合う化粧品を選びましょう。

 

偏った食生活や睡眠不足、過度なストレスも敏感肌の原因になります。

 

バランスが摂れた食生活を心掛け、アロマやハーブティーなどリラックスできるアイテムを使って質の高い睡眠をとりましょう。

 

自分なりのストレス解消法を見つけておくことも重要です。

 

 

化粧品の基礎を学ぶ

 

基礎化粧品に疑問を思う人

 

化粧水の役割とは?なぜ使う?

 

化粧水の役割は化粧を落とす際の洗顔の後に肌に潤いを与えることです。なぜ使う必要があるのかというと、洗顔後にそのまま放置しておくとどんどん顔の水分が失われていくので、それを防ぐ為に必要となります。

 

肌には水分に対する防御作用があるので普通の水だと肌は濡れても内部には水分が浸透しませんが、化粧水なら内部まで水分が浸透し洗顔によって失われた角質の水分を補ってくれるので、乾燥肌を防ぐ上で有効です。

 

化粧水によって水分を補った肌はやわらかくなり油分バランスも整うので、その後に行う化粧などもムラなく自然に行えるようになります。また、化粧だけでなく乳液やクリームなどといったケア用品を使う場合も同様に自然に肌になじませることができます。

 

化粧水の成分はほとんどが水ですが、それに加えエタノールやグリセリン、その他皮膚を柔軟にする為の保湿成分を配合することによって肌へ水分を浸透しやすくしています。

 

これらの成分を多めに配合したものが美容液となりますが、化粧水は配合量が少なく刺激もほとんどありませんので保湿だけが目的ならば美容液ではなく化粧水を用いた方が無難です。

 

商品によって配合されている成分も異なってきますので、自分の肌に向いている化粧水を選びましょう。

 

乳液はなぜ使うの

 

化粧水の後に乳液をなぜ使うのかというと、乳液は潤いを保ち肌を保護する役割があるからです。

 

化粧水の原料のほとんどは水分ですが、乳液には水分だけでなく油分も配合されています。

 

本来の肌には皮脂という天然の油分が存在し、汗と皮脂が混ざって作られる皮脂膜があります。

 

通常、皮脂膜は肌の水分の蒸発を防いだり外部刺激から肌を守っていますが、メイクを落としたり顔を洗った直後はこの皮脂膜も一緒に流れてしまっている状態です。

 

皮脂膜がなければ肌から水分がどんどん蒸発し、肌はカラカラに乾燥してしまいます。

 

そこで必要となるのが乳液です。人工的に作った潤い成分を塗って肌に膜を塗ることで、化粧水の水分や美容成分を閉じ込め蒸発を防ぎます。

 

自分の肌が出す皮脂膜は時間とともに再び出てきますが、それを待っていては肌の乾燥がひどくなります。

 

乳液はクレンジングや洗顔で洗い流された皮脂膜がじわじわ出てくるまでの「つなぎ」として使います。また、乳液は肌にセラミドなどの保湿成分や美容成分を肌に届ける大切な役割もあります。

 

なぜ使うのかを知り、役割を理解することで、化粧水だけで完了するスキンケアは乾燥肌にとって危ないスキンケアだということがわかります。スキンケアは油分が配合されている乳液までセットで使うことをおすすめします。

 

 

オールインワンゲル化粧品のメリット・デメリットとは?

 

最近化粧品の中でオールインワンゲル化粧品が増えてきています。

 

メリットとしてはとにかく毎日のスキンケアが短時間で済むということが挙げられます。

 

忙しい中で化粧水をつけて乳液をつけてさらに美容液やクリーム・パックまでということになるとかなりの時間がとられてしまい、
一つ一つのケアもおろそかになってしまいがちです。そのようなときにオールインワンゲルを利用することで時間短縮ができるのでスキンケアがおろそかになりがちな方にとっては助かるアイテムとなります。

 

一品で多くの化粧品の代わりとなるのであれこれそろえる必要がなく費用を抑えられるのもメリットといえます。

 

デメリットとしては多くのアイテムを重ね付けしていく場合と比べて調整がしにくいという事です。多くの化粧品を使う場合は乾燥しがちなときはクリームなどをたっぷり使うなどその日の状態に応じて使うバランスや量を変えることができます。

 

オールインワンゲルの場合そういった細かい調整がしづらいので季節の変わり目などはスキンケアがうまくいかなくなることもあります。

 

商品によって保湿力や使い心地が異なるので自分の肌にぴったりのオールインワンゲル化粧品を探していきましょう。"